柚子ソフト
フィッシュレス・サイクリング実験と 金魚観察記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のでめ
朝、わたしと金魚はほぼ同時刻に目覚める。
本当はもう少し寝ていたいのだろうが、
わたしが物音をたてるので
起きてしまうのだろう。

食パンでも焼いて
朝の仕度がひと段落し、
ふと水槽を覗くと、

ダイがアヌビアス・ナナの花を
ムシャムシャ食べている!

ムシャムシャではないな、
何と表現すべきか、飢えた犬が
餌皿に鼻先を突っ込んで
がっついているような。

何となく身体に悪そうな気がして
花をカットした。

あいつカボンバは食べない癖に。




環境や生活サイクルに
少しは慣れてきたのだろうか。

新しい水槽にしてからのあいつは、
とても活きがいい。

また病気と思われるものを背負ってはいるが
ショップで売っているサカナのように
ちゃんと目的(?)をもって泳いでいる。

前の水槽では、
薬浴であった所為もあるだろうか、
なんだかフワフワしており、
背びれもピンと起っていないことが多かった。

そんな様子しか見たことがなかったので、
そういう性質なのだと思っていた。
売っている元気な金魚を新たに入れたら、
とてもペースが合わないだろうと。

これからもこんな風に元気であれば、
安心して仲間を1匹入れられるかもしれない。

でもまだ駄目だ。




眠るときは、水槽の左後ろの角、
鳥居とヒーターと濾過器のポンプの間の
底の方で眠ることにしたらしい。
必ずいつもそこで眠っている。

水流が穏やかなのだろうか。
囲まれているのが安心なのだろうか。
人間のベットも天蓋があった方が落ち着くというし。

鳥居のチャチさが嫌だったので
撤去しようと思っていたのだが、
そうかい、そこがいいのかい。
じゃあ仕方ないね…。







スポンサーサイト

テーマ:うちの金魚 - ジャンル:ペット

copyright © 2005 柚子ソフト all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。